睡眠時無呼吸症候群薬

睡眠時無呼吸症候群低位舌

睡眠時無呼吸症候群低位舌

 

 低位舌って皆さんご存知ですか。睡眠時無呼吸症候群と低位舌は切っても切れない関係にあります。けれど余り聞かない言葉ですよね。しかし、状態としては読んで字の如くですね。

 

舌の先の位置が低くい状態です。この、低位舌の原因は舌の筋力の低下です。強いては、この低位舌が様々な問題を引き起こします。まず、起きてる状態では、食事の際に誤嚥したりして、時に誤嚥性肺炎を起こす事が有ります。また、就寝中にも良くない影響が出てきて、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす要因にもなります。

 

 

舌が下がってしまうと、当然、気道を塞ぐ原因になってしまいます。必然的に眠ってる間も口呼吸に成るわけですので、ドライマウスになったり歯周病にもなりやすくなります。

 

しかし、果たして、自分が、そうなのか、判断が付きにくいですよね。実は見分ける為の簡単なポイントが有るんです。低位舌の人の舌の両側面に歯型がしっかり見て取れるという特徴があります。

 

と、言いましても、極度のストレス等で、食いしばりなど、してる方であれば、やはり舌の両側面に歯型がしっかり見て取れるケースもあります。ですので、普通に閉じてる状態で、舌が、次の状態にあるかと言う点も判断の一つに成ります。

 

舌先が、上の前歯のすぐ後ろに位置してますか?そして舌の広い部分が上顎に軽く付いてる状態であれば正常です。例え舌の側面に歯形が残っていても、少なくとも低位舌は否定して良いでしょう。

 

ただ、日常生活にも影響の出てくる睡眠時無呼吸症候群、治したい!質の良い眠りを得たい方はこちらから薬を選んで改善しましょう。

 

低位舌でも諦めないで下さい、質の良い眠りの為に睡眠時無呼吸症候群を治療しましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ