睡眠時無呼吸症候群鼻炎

睡眠時無呼吸症候群鼻炎

睡眠時無呼吸症候群鼻炎

 

 睡眠時無呼吸症候群の原因の一つとして鼻炎が原因となってる事が有ります。アレルギー性や副鼻腔炎等、鼻症状が有る場合、鼻呼吸が苦しくなり、口呼吸になることがあります。

 

起きてる時は、口が渇くなどの症状が出てきますね。なので注意して鼻呼吸を意識出来るかも知れないのですが、就寝してしまえば、それを容易に自分で正すことは出来ませんね。

 

口呼吸の場合、鼻呼吸の時より咽頭が狭くなってしまい、上気が閉塞しやすくなってしまいます。

 

鼻に何らかの症状が有る場合、また、気付くと度々口呼吸をしてる方は一度耳鼻科を受診する事をお勧めします。

 

睡眠時無呼吸症候群で鼻に主な原因が有る場合でも

 

今は有効的な治療法が有りますので是非心当たりが有る方は受診してみることをお勧めします。

 

たかが少し不快な鼻症状と侮っていると、思わぬ結果につながる可能性が有ります。

 

鼻づまりからくる睡眠時無呼吸症候群を放置した結果、体内の酸素不足が慢性化して

 

高血圧や心筋梗塞。脳の血管の重篤な障害等引き起こす可能性が充分有りえます。

 

こうして、強いては突然死に至る場合もありますので、しっかり受診して治療できるところから

 

治療していきましょう。 因みに、質の良い眠りが得られないからと睡眠薬を使うのは危険です。

 

睡眠薬による眠りは症状の悪化を招きます。自己判断は決してしないで下さい。

 

正しい診断・正しい治療が改善への近道になります。

 

睡眠時無呼吸症候群で且つ鼻炎が有る方は一度受診しましょう、因みにイビキはこちらで改善出来ます

 
ホーム RSS購読 サイトマップ