睡眠時無呼吸症候群血圧

睡眠時無呼吸症候群血圧

睡眠時無呼吸症候群血圧

 

 睡眠時無呼吸症候群と血圧の関係について述べて行きたいと思います。睡眠時無呼吸症候群はご存知の通り睡眠中に無呼吸・低呼吸に陥ってしまい、結果、日中に猛烈な眠気を起こす病気です。

 

どんな場面でも眠気を制御できず、時に、気絶するように寝入ってしまう、血圧が高くなる等が、主な症状となってます。睡眠中に無呼吸や低呼吸を起こす為、当然ですが低酸素や覚醒反応によって交感神経が興奮してしまいます。

 

その為、睡眠時無呼吸症候群を患ってない患者さんの高血圧は睡眠中は安定してる場合が殆どであるのに対しSASの患者は休息中であるにも関わらず無呼吸・低呼吸の悪影響で交感神経が興奮してしまってるので血圧が高い状態が維持されてしまいます。

 

 

ここにさらに睡眠時無呼吸症候群の要因の一つである肥満などが加われば高血圧は更に悪化していきます。

 

こういった負の連鎖は心臓病・脳血管障害等のリスクを一層、高めてしまいます。

 

けれど、安心してください、根本的にSASを治療する事で必然的に高血圧も改善していきます。血圧の薬を飲んでてもコントロールできなかった方も、諦めないで下さい。根本にある睡眠時無呼吸症候群を治療する事で改善の余地は充分にあります。

 

そして、そもそも睡眠時無呼吸症候群は決して不治の病ではありません。しっかり治療すれば治る疾患です。SASを治療して、質の良い眠りを取り戻すところから始めましょう。マウスピース等色々ありますが気軽に試せるグッズも沢山あります。

 

睡眠時無呼吸症候群と血圧のコントロールは気軽に試せるこちらのグッズでも容易に出来ます

 
ホーム RSS購読 サイトマップ