睡眠時無呼吸症候群対策

睡眠時無呼吸症候群対策

睡眠時無呼吸症候群対策

 

 ここまで睡眠時無呼吸症候群の特徴・原因等を挙げてきましたが、発症してる患者の皆さんにとって、原因より何より睡眠時無呼吸症候群の対策を知りたいのではないでしょうか。

 

本当に厄介なんですよね。あの、時と場所を選ばない容赦ない眠気。そこで自宅でも出来る対策も含め、一般的な対策を探ってきました。此処まで強い眠気が慢性的に起こると、仕事の効率も非常に悪いですからね。

 

まず、対策として挙げられていたのが、3つですね。外科的治療・マウスピースの使用・CPAPの3つが有効的と挙げられていました。と言っても、個々に合った治療法を選ばないと効果がありません。

 

最初に上げた外科的治療は、肥大した扁桃を切除し上気道を広げる方法です。ただ、場合によって、人によってになりますが、飲み物が鼻に逆流するなど問題が起こる可能性が有りますので慎重に考えて頂きたいと思います。

 

 

 

多く選択されてるのが、マウスピース又はCPAPなのではないでしょうか。では、CPAPとは、どのような方法なのでしょう。自宅に居ながら保険適応で装置をレンタルして治療が出来るものです。狭まった気道を強制的に広げる為に鼻から圧力を加えた空気を送り込む方法です。

 

ただ、治療法としては非常に有効的ではあるのですが、患者には定期的な診察が義務付けられ、保険適応でありながら、凡そ、毎回、レンタル料込で5000円程度が掛ります。マウスピースの利用も、程度が重くなければ有効とされてます。

 

けれど、この3つの治療法・対策が色んな理由で行えない「合わない」方も諦めないで欲しいと思います。

 

とにかく色々、気軽に試して頂きたいと思います。是非、質の良い眠りを取り戻してほしいと思います。

 

睡眠時無呼吸症候群の対策は幾つかあります、自身に最も有効的な方法を選択しましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ