睡眠時無呼吸症候群原因

睡眠時無呼吸症候群原因

睡眠時無呼吸症候群原因

 

 ここで睡眠時無呼吸症候群の原因を挙げるのもなんですが、どんな事でも共通してると思うのですが、まず原因を正しく把握しておくことで色々と予防できると思いますので、このコーナーでは改めて睡眠時無呼吸症候群の原因について述べて行きたいと思います。

 

まず、睡眠時無呼吸症候群の殆どが、顎が小さい・又は肥満等が原因とされてます。いわゆる閉塞型ですね。たった今、述べたように、大判が肥満と言う原因が密接に関わってます。特に元々肥満体系だった!という方より、二十歳過ぎに太り始めたという方は、特に注意しましょう。

 

また、過度なストレス・疲労も睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因に成ります。ストレスを溜めこんでる時や或いは疲労が重なってる時に、家族から大きないびきを指摘された事って、有りませんか?

 

疲れやストレスが過度になってくると、身体は、それを解消しようと、いつもより多く酸素を必要とします。

 

この際、通常通り鼻から取り入れるより、口から取り入れた方が多く酸素が入りますよね。本人は寝てしまっているし、勿論、意識して口呼吸をしてる訳では無いのですが。口呼吸をすると舌が喉の方に落ち込みやすくなるんですよね。すると当然、気道が狭くなるわけです。

 

 

いびきの、あの「騒音」は、狭い気道を空気が、どうにか通ろうとする時、粘膜が震えて起こる振動の音です。また、ストレスや疲労が過度になると、睡眠中に、普通の状態より余計に休息を必要とし、筋肉が必要以上に弛緩して、舌が喉の奥に沈み込み、これも要因の一つとなります。

 

適度に体を休め、ストレスを発散し、より質の良い眠りを手に入れましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因を一つずつ解消して改善の道を進みましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ