睡眠時無呼吸症候群保険

睡眠時無呼吸症候群保険

睡眠時無呼吸症候群保険

 

 睡眠時無呼吸症候群の特徴も治療法も判った。でも保険って、どうなってるの?いざ治療って成った時に不安になりますよね。大丈夫です。

 

睡眠時無呼吸症候群は保険で、ちゃんと治療できます。「CPAP治療」は、保険適応で月一の診察代等が込み込みで、だいたいが5千円ほどと成ってます。保険適応外ですと、治療も難しくなりますがしっかり保険が適応されてますので安心して治療に専念できますね。

 

ただ、保険適応と言いましても、適応される為にある一定の基準が有ります。と、言っても「CPAP」を使う必要があると判断された時点で既に、基準はクリアーしてるわけなんですが。下記に基準をまとめておきます。

 

まず終夜睡眠ポリグラフという検査でAHIが20以上、または簡易型PSGでAHIが40以上という結果

 

が基準となって来ます。因みに「AHI」とは1時間あたりに無呼吸(低呼吸含む)が、どれくらい起こるかを指数化したものです。この数値が高ければ高いほど重症という結果に成るのですが。

 

正常値は0〜4とされていて5から14ですと「軽症」と判断され、15〜29は中等症30以上で重症というのが基準になってます。

 

因みに、この「CPAP治療」、保険適応が始まったのは、割と最近なんです。1998年から保険が適応されるようになり、現在では睡眠時無呼吸症候群の最も有効的な治療法として注目されています。しかし、保険が適応されるのですが、まだまだコストが高いのが現状です。

 

 

保険適応で3割負担でも「CPAP」のレンタル料は診察代等合わせ5000円程度です。

 

睡眠時無呼吸症候群は一ヶ月「CPAP」で治療をしたからと完治してくれるものでもなく継続的に、これを続ける必要が有ります。

 

更には患者には月一の診察が義務化されていて保険適応とはいえ負担は、それ相応の物となってます。年間で計算しますと、約6万円が掛かる計算に成ります。

 

保険適応外だった時代より、ずっと良心的な金額になったと思うのですが決して安くは有りませんね。そこで、ひとつ試してみて欲しい物が有りますので下記に紹介します。

 

睡眠時無呼吸症候群は保険が適応に成りますが安く抑えたい方は此方を検討してみて下さい

 
ホーム RSS購読 サイトマップ